CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
なまなましく書き綴っています。
<< JUGEMさんのお題から「ガッツリたべたい!肉料理なにが好き?」 | main |
上の子可愛くない症候群から母子分離への道のりを歩いています
0

    JUGEMテーマ:育児

     

    ずいぶん、4歳の娘、モモとの関係に悩みました。

     

     

    俗に言う「上の子可愛くない症候群」かと。

    下の子が産まれてから程なくして(半月ぐらいでしょうか)、

    それは急にやってきました。

     

    モモのこと、可愛くってしかたなかったんです。

    下の弟が生れてからも、しばらくはほのぼのしてました。
    モモの赤ちゃん返りはないかもなー、なんて少し、余裕かましてました。
    しかし、そんなはずはなく。
    モモは荒れ始めます。
    そして、私も荒れ始めます。
    ちょうどその頃、豊田真由子 元衆議院議員さんの
    「このハゲー!!!」が、世を賑わせていました。
    私、とても、この豊田真由子さんを批判する気持ちになれませんでした。
    なぜなら、私が「このハゲー!!!」なみに怒鳴り散らす日もあったからです。
    自分でもこんなに怒れるのかと、こんなにイライラするのかと驚いたぐらいです。
    自慢できることではないのでフォントを小さくして書きます。
    モモにイライラしまくって、
    モモと肌が触れるのも嫌で、
    モモと離れたかった。
    私、憎き自分の感情の中で、もがきました。
    この時に初めてネットで「上の子可愛くない症候群」を知って、
    自分だけじゃないんだと思いました。
    でも、だからといって救われません。
    時間が解決してくれた部分もあります。
    いろんな解決策も試したりしました。(いつか1つずつ触れたいと思います)
    で、今、どうなのかというと。
    モモという女性と共同生活をしている。
    という気持ちで日々を送っていると、なんだかラクチンで楽しくなってきました。
    これって裏っ返すと、
    「上の子だからちゃんとしてよ!」
    「上の子だから、お母さんが言うことわかるでしょ!」
    「お母さんの気持ち分かってよ!」
    という気持ちを捨てた、ということです。
    お母さんだから。
    娘だから。
    上の子だから。
    そう思い続けている間は、ずっと求めるしコントロールしようとしてしまう。
    お母さんと娘をやめたら、気持ちがラクチンになったのです。
    いや、まだ感情的になることはありますよ。
    今朝も起きてこないので、怒鳴ってしまいました。
    でも、ドツボにはまっていた頃より、ずーっと良好です。
    女友達が増えたみたいで楽しい。
    1つの象徴的な行動として、
    2人でランジェリーショップに行きました。
    お互いにお互いの下着を選び合う。
    そして、選んでもらったものに「NO!」と言わない、というルール付き。
    これ、とっても楽しかったです。
    あー、モモも女だなって思いました。
    アンパンマンのショッピングカートに乗ったまま私のブラジャー選んでましたけど……笑
    私がモモにプリキュアやキャラものではない、花柄のパンツを選んでも、
    とってもすんなりと喜んでくれました。
    なんでも、自分のこだわりが強くなっていた時期なので、
    「プリキュアがいい!」「花柄嫌だ!」とぐずるだろうと、少し覚悟してたんです。
    違った。全く。とても大人っぽいモモでした。
    あー、こういうことか。
    他人に接するように丁寧にモモとも向き合っていくことが大切なんだ、そう思いました。
    みなさんに当てはまるとは思いません。
    一般に言う「母子分離」の定義と少しずれているかもしれませんが、
    私とモモはこの距離感で一緒に前を向いて生きていくのだと思います。
    目指すは、ベタベタの愛ではなくサラサラの愛。です。
    | 子どもとのこと | 14:56 | comments(0) | - |